ライトに浮かび上がる梅の花=湯島天神(東京台東区)

懐の
思ひ羽包み※1
赤き紐
解いて結ばむ(ん)
君が心も

※1=拝領した香木や香りの小包を入れておく包み。厚紙に、内側は金箔ばり、外側は紫の絹を張り花鳥の彩色をし、赤または紫の紐で結ぶ。形が鳥の「思い羽」に似ていることからきている。(大辞林参照)

 

ライトに浮かび上がる梅の花=湯島天神(東京台東区)

ライトに浮かび上がる梅の花=湯島天神(東京台東区)

2月19日に湯島天神に梅の様子を見に行ってきました。まだ二分咲き程度といった感じですが、わりと花見を兼ねた参拝者がいました。

※下記サムネイルをクリックすると写真がポップアップします。(light-box作動までに時間がかかる場合がありますが画像表示に問題はありません)地図情報はページ下をごらんください。


大きな地図で見る