スノーフレークの胎盤から零れ落ちる夕日。

Beautiful of Life

一日の命を終えた太陽は、海に溶けていくものだと思っていた。
スノーフレークの胎盤から零れ落ちるのを見るまでは。

太陽は地上の花々に命の輝きを与えて、自らの明日の命を産み落としてもらう。
転生こそ自然界で、命の美しさ。
桜の花が散って新緑の葉が芽吹くように。
人の人生もそうだったはずだ。

もう一度、自然に帰ろう。
美しき命の世界へ。

It was thought that the sun finished the life of the day as something that melts into the sea.
Until it sees it from falling spill from the placenta of the snowflake.

The sun gives life to shining flowers on the ground, get the sun gave birth the life of tomorrow.
In nature what reincarnation, beauty of life.
Fresh green leaves as budding cherry blossoms scattered.
Person’s life ought be was.

Once again, get back to nature.
To the world of beautiful life.

スノーフレークの胎盤から零れ落ちる夕日。

スノーフレークの胎盤から零れ落ちる夕日。

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村