夕日に染まる京成電鉄の車輌

The setting sun shining in the past to today
Sinking and bulging
While embracing the sorrows
※English Tanka
Written by Yasunori Tomori

夕日に染まる京成電鉄の車輌

夕日に赤々と染まる京成電鉄の車輌

赤々と夕日がきょうを過去にして
膨らみ沈む
悲しみ抱いて

Written by 友利安則

夕日に空が染まる。江戸川の向こうに東京スカイツリーが。

夕日に空が染まる。江戸川の向こうに東京スカイツリーが。

時々刻々と空の色がかわりゆく時間帯がとても好きです。
地上のすべてを染める太陽は、心の隅っこに潜むものまで照らすように思えてきます。大きく膨らんで沈んでいく太陽は、人々のきょうの悲しみを抱いて過去とする。

夕日は一日の終わりでも、夜の始まりでもない。
夕日は明日を産みつける。朝の産声のために。

★ナショナルジオグラフィック「プロの撮り方」プレゼントキャンペーン
▼ブログランキング参加中!! ポチッと応援お願いします。
にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ にほんブログ村

▼こちら、友利安則WebSiteのブログもよろしくお願いします。
Tomori’s Photography