蝉の抜け殻

まだ夜も明けきらぬころ脱皮した蝉が、早朝から猛々しい鳴き声を響かせている。
この8月の蝉の声を聞いていると思い出す一節がある。

祇園精舎の鐘の声
諸行無常の響きあり
沙羅双樹の花の色
盛者必衰の理をあらわす
おごれる人も久しからず
ただ春の夜の夢のごとし
たけき者もついには滅びぬ
偏に風の前の塵に同じ
(平家物語)

春の夜の夢も、蝉の短い命も重なってみえるのだろう。祇園精舎の鐘の音も夏の祭りのあとの響きに通じる者を感じる。
京都の夏は暑い。

蝉の抜け殻

蝉の抜け殻

上の写真は前に掲載したものの別カットで、背景を生かしたもの。



木の幹にも

木の幹にも


ソニーストア
早朝に脱皮したであろう蝉の抜け殻。影が日差しに伸びる

早朝に脱皮したであろう蝉の抜け殻。影が日差しに伸びる

▼写真も動画もこれひとつで↓

世界の絶景風景& Beauty World

JAL日本航空 JMB WAON

▼夕暮れの富士山

▼ポートフォリオ更新しました。
 彩色兼美〜Beautifully colored world

▼メールで配信中!
 右サイドバー最下部または下記から購読を。

      ▼ブログランキング参加中!! ポチッと応援お願いします。
      にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ にほんブログ村

      EOS 70D ダブルズームキット/デジタル一眼