小振りながら睡蓮(スイレン)が開花

東京でもスイレンが咲きはじめた。
スイレンについては、よく蓮と勘違いしていたり、混同しているケースがネットなどでは見受けられる。

日本在来のスイレンは1種のみで、あとは観賞用に改良されたもの。外来のものには熱帯性や耐寒性の種もある。
そろそろ開花しはじめているだろうと検索していたら「午後には花を閉じる」などと書かれていた。それは間違いで、午後に花を閉じるのは蓮でスイレンは昼咲きと夜咲きの二つのタイプがある。

昼咲きは朝から夕方ごろまで、夜咲きは夜から朝のやや遅い時間頃まで咲く。早朝から昼前までが見頃で、昼ごろには花を閉じる蓮とは違う。またスイレンはこれから秋口まで長い期間楽しめるのも特徴だが、ひとつの花の開花期間は三日ほど。

花言葉は「清純」「優しさ」など。

俳句の季語では夏。

ナショナルジオグラフィック「プロの撮り方」プレゼントキャンペーン

小振りながら睡蓮(スイレン)が開花

小振りながら睡蓮(スイレン)が開花

Water lily began to bloom in Tokyo.
For water lily, cases that are confused or mistaken for lotus is seen in such Internet.

Water lily Japanese native is only one kind, which is an improvement of ornamental afterward. There is also a species of cold resistance and tropical to those of the foreign.

If I search the Internet it would have begun to bloom soon, it was written to be “close the flowers in the afternoon.” But it is a mistake. Close the flower lotus in the afternoon. There are two types of night blooming and day blooming water lily bloom.

The language of flowers tenderness and purity.

▼よかったポチッと応援お願いします。
にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ にほんブログ村

▼500pxで最高パルス(評価)98.2でした。ありがとうございます。